外観写真 手術中写真
永田小耳症形成外科クリニック|小耳症治療|再建外科|美容外科|〒335-0035埼玉県戸田市笹目南町22-1 美容外科 小耳症治療 再建外科 メール相談

休診のお知らせ

諸般の事情により外来診療は
当分休診いたします。

詳細は準備出来次第ホームページにてお知らせいたします。しばらくお待ちください。

なお永田小耳症形成外科クリニックの患者様は、今後は丸山成一医師が院長を務める神奈川県藤沢市の
『ヒルズ美容クリニック』で診察を受け付けます。
詳細は追ってお知らせいたしますので、しばらくお待ちください。

ヒルズ美容クリニック TEL 0466-55-6737)

永田小耳症形成外科クリニックの患者様、初診相談会にて矯正歯科相談を受けられ矯正歯科相談・診察等をご希望の方は、引き続き、萬屋礼子歯科医師(矯正歯科専門)が「医療法人社団 青山創心会 萬屋歯科医院」(東京都港区青山)で診察をお受けしますので、下記の萬屋礼子歯科医師のメールアドレスまで直接ご連絡ください。

( 萬屋礼子 E-mail: ryorozuya0827@gmail.com

・紹介状をご希望の方はこちら

永田小耳症形成外科クリニック

ご挨拶 美容外科専用サイト

「2段階耳介再建手術の系統的アプローチ」

永田 悟
永田小耳症形成外科クリニック

先天性耳介欠損症は、臨床的に大きく8個のタイプに分類される。「1」耳垂残存型小耳症、「2」小耳甲介型小耳症、「3」耳甲介型小耳症、「4」無耳症、そして「5-8」それぞれにローヘアーラインを合併するタイプ。第1回目手術においては、耳介の3次元肋軟骨フレームを作成し移植する。第2回目手術においては、再建した耳介を健側と同様の角度で対称に立てる。両手術においても、胸郭変形が起きない肋軟骨採取法を行う。近年の耳介再建術は、永田法の進歩により再々建手術、無耳症「外傷性欠損を含む」、ローヘアーラインを合併した症例、第1第2鰓弓症候群、耳鼻科で聴力改善手術を受けたものの巨大な穴をあけられてしまい不幸な結果となっている症例など、従来法では不可能と言われていた困難な症例に対してもより細部に至るまで、安定的に耳介の再建が可能となった。そのキーポイントはtemporoparietal fascia flap[TPF]と、deep temporal flap[DTF]と、ultra-delicate split thickness scalp skin[UDSTS]の利用応用による系統的アプローチである。このアプローチはすべてのタイプの小耳症に応用できる。TPFの上に頭皮分層皮膚「UDSTS」移植、DTFの上に頭皮分層皮膚「UDSTS」移植の手技は両者とも十分な血行があり、皮弁と同様に術後収縮を起こさないという特性を有している。この特性を用いると術後の収縮が起きないし血行も良好なので移植肋軟骨の吸収変形という合併症を起こさない。永田法ではこれらの手技を系統的に駆使して行うので、立てた耳介が後で倒れる事は無い。従来法ではraw surfaceの上に皮膚移植のみを行っていたので、術後皮膚の2期的収縮が必発し、耳起こし後に再建耳介の輪郭が消失し移植肋軟骨の吸収変形が長期経過とともに起きていた。よって耳介再建におけるraw surfaceの被覆を皮膚移植のみで行うことは禁忌となる。

小耳症症例別

通常の耳介再建手術

耳垂型症例写真

耳垂型

小耳甲介型症例写真

小耳甲介型

耳甲介型症例写真

耳甲介形

耳甲介型ローへアーライン症例写真

耳甲介型ローへアーライン

無耳症症例写真

無耳症

耳甲介型ローへアーライン症例写真

耳甲介型ローへアーライン

非定形型

非定型型

年長者の小耳症症例写真

年長者の小耳症

第1第2鰓弓症候群顔面半側萎縮症および小耳症

第1第2鰓弓症候群顔面半側萎縮症および小耳症症例写真

耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症症例写真

耳鼻科で巨大な穴をあけられた小耳症

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症

一過性の顔面神経麻痺、浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良、感染、移植軟骨の露出、気胸、術後肺炎、縫合不全、ハゲ、床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。

再々建手術

再々建手術の症例1

再々建1

再々建手術の症例2

再々建2

再々建手術の症例3

再々建3

再々建手術の症例4

再々建4

再々建手術の症例5

再々建5

再々建手術の症例5

再々建6

再々建手術の症例7

再々建7

このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症

一過性の顔面神経麻痺、浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良、感染、移植軟骨の露出、気胸、術後肺炎、縫合不全、ハゲ、床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

埋没耳の手術

埋没耳の症例写真

再々建1

埋没耳再々建の症例

埋没耳再々建症例写真

このブログの写真は埋没耳治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症

感染、縫合不全 その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

スタール耳の手術

スタール耳

スタール耳

スタール耳

スタール耳再々建手術

このブログの写真はスタール耳治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症

感染、縫合不全 その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

折れ耳の手術

折れ耳症例写真

折れ耳

このブログの写真は折れ耳治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症

感染、縫合不全 その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

カップ耳の手術

カップ耳症例写真

カップ耳

このブログの写真はカップ耳治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症

感染、縫合不全 その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

ロップ耳の手術

ロップ耳症例写真

ロップ耳

このブログの写真はロップ耳治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

耳介形成術による合併症

感染、縫合不全 その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

外傷性耳介欠損の耳介再建術

外傷性耳介欠損の耳介再建術症例写真

再々建1

このブログの写真は外傷耳治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

外傷性耳介欠損手術による合併症

一過性の顔面神経麻痺、浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良、感染、移植軟骨の露出、気胸、術後肺炎、縫合不全、ハゲ、床ずれ その他
上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。場合によっては再手術を行う可能性もあります。

お問合せ先 メール相談

▲ページ上部に戻る▲

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たちブログ

手術前後のあれこれ

■お知らせ

【休診のお知らせ】
諸般の事情により外来診療は当分休診いたします。詳細は準備出来次第HPにてお知らせします。しばらくお待ちください。
永田小耳症形成外科クリニック

永田法 小耳症治療

小耳症手術・再建耳介のプロポーション正確度判定

融けない耳をつくるには

胸の痛み・変形のない小耳症手術

耳介軟骨再生基礎研究

再建外科

美容外科

診療時間について

海外の医師との交流