プレゼント(患者様の声)

ホーム > プレゼント(患者様の声)

プレゼント(患者様の声)

ナースのIさんが、これ、ホームページに載せてくださいと手紙を持ってきました。「Yくんがこんな手紙をくれたんですよお。」と感激しています。だってYくんは、とっても怖がりさんで、もう検査の前から泣いて泣いて、大変だったんです。でも、無事4回の手術が終わり、彼は、彼なりに、きっと大きな山を越えたんでしょう。入院のたびごとに落ち着いて来て、立派なお兄ちゃんになりました。ここでは、お子さんたちの「体と心の成長」が、目の当たりに見られます。これもこのクリニックの楽しみの一つです。

看護師のみなさんへ

看護師のみなさん、これまでいろいろとお世話になりました。ぼくは、手術をすることが、とても怖くていやだったけれど、みなさんに励ましてもらうことで、4かい無事に終わることができました。本当にありがとうございました。 痛い時は、お薬をくれたり、冷やしたくれたりして、楽になりました。またがまんできた時などは、たくさんほめてくれて、うれしかったです。本当は言葉でおれいをいいたかったけれど、会えずに退院してしまうので、手紙を書きました。これからは、できた耳をきれいに、大切にしていきます。 ここですごしたことは、大人になっても忘れません。長い間、お世話になりました。 ありがとうございました。

平成二十八年○月○日   Y・K

封筒

手紙1

手紙2

※平成28年3月 小学校を卒業前に、12歳の男子が作文を持ってきてくれました。

僕の未来を変えてくれた人

N・R  12才

みなさんには、自分の未来をかえてくれた人がいますか。ぼくにはいます。自分の未来をかえてくれた人が。
ぼくは右耳が小耳症という障害を持って生まれました。二さいの時にときにその病気を治せる日本でもっとも有名な先生に出会いました。でも丸い耳の形を普通の耳の形を治せるだけで右耳だけでは音や人の声を聞くことはできないよ、とお父さんから聞きましたが、僕はそれだけでも十分だと思いました。なぜなら、左耳で一生懸命聞けばいいと思ったいいと思ったからです。手術は二回もあって、、つらくて痛いと思うが、がんばろうと思いました。
保育園にいた時、友達にこう聞かれました。
「なんでRくんの右耳は丸いの。」ってよく言われました。僕はこういう風に言われるのが、すごくいやでした。何か仲間外れにされているみたいだったからです。でも、友達だから、思うがままに答えました。
「生まれつきなんだ。小学校の時に手術を二回やって、みんなと同じ耳に治すんだ。でも、右耳だけでは、音や人の声は聞けないんだ。」
と答えました。そこでみんな、
「へえ~。」
と理解してくれたので、良かったです。だけど、初めて保育園に入った子にまた、同じことを説明しなければならなかったので、大変でした。そのくり返しでしたが、みんな理解してくれて嬉しかったです。しかし今度は、年下の子にも聞かれました。その時はみんなも一緒に説明してくれたので、良かったです。とても心の支えになりました。なので、友達は大切にしようと思いました。 小学生になったら、だいぶ気にされなくなりました。手術もあと4年たてばやるんだなと思うと、ぼくの右耳はどうなるんだろうという、興奮した気持ちと、手術は痛いのかなあという不安の気持ちが入り交じって複雑な気持ちでした。
 それからの四年間があっという間に過ぎてしまい、ついに手術をする時が来てしまいました。九時から手術が始まるので、早おきでした。手術着を切るときは緊張しましたが、手術室に入った瞬間に不思議と緊張がとけてしまいました。僕が思うには、僕がその先生を信じて手術を受けようと思ったからだと思います。麻酔を打たれると、不意識(原文のまま)のうちに寝ていたようです。 気づくと夜の十一時でした。部屋には家族が一緒にいて見守ってくれていました。みんなが、「よくがんばったね。手術は成功したよ。」
と言われ、一安心しました。だけど、一瞬の八時間に感じたので、少し人生を損したような気もしましたが、右耳の耳があと一回の手術でみんなと同じ普通の耳になると思うと早く二回目の手術の日になってほしいという気持ちのほうが勝りました。
それから半年が経って二回目の手術の日となりました。二回目なので緊張はしませんでした。やはり二回目の手術も八時間でしたがあっという間に過ぎてしまいました。
それから一か月がたって、退院後、自分の右耳を写真で見た時には感動しました。お医者さん達(の?)手でこんなに形の整った耳ができるんだと僕の心に響き渡りました。それからは周囲の人たちに気にされなくなりました。今までの苦労からも日本で有数の先生の手によって、救われました。つまり、僕の未来を変えてくれたのです。
僕は将来プロ野球選手になって、プレーで子供たちを感動させて、未来を変えてあげたいです。

作文

作文

作文

作文

両側小耳症のTさんは、4回の手術が終わって晴々と退院していかれました。
片方の小耳症だけでも2回の入院が必要です。
ましてや両側小耳症ともなると、4回の入院が必要になります。Tさんの場合手術の直前に溶連菌感染症にかかったりして、一度は手術日の変更もしていました。
4回の手術が終わって、ご家族中が、ほっと安堵されたことでしょう。
Tさんは、私たちにお礼の手紙を残して行ってくれました。
無事に手術が合わって、ほんとに、おめでとうございました。

永田せんせいへ

私の両耳を作ってくれて、ありがとうございます。ネットとガーゼがとれた時、先生が作ってくれた耳を見て、私はすごく感動しました。
私は小さい頃から友達に、「その耳どうしたの?」とか「耳の形おかしい」など言われてとても悲しい気持ちになることがありました。
そんな時に永田病院に行って手術の説明を受けました。手術の画面を見ているとき、「私はこんなに大きな手術を受けられるのだろうか」と不安な気持ちでいっぱいでした。説明後、先生から「耳を治してあげるよ。君は手術を受けたいかい?」と聞かれ、私は「もう、いろんな人に耳をからかわれたりしないんだ。マスクもかけられるようになる」と思い「はい。」と答えました。
それから月日が径ち入院の日が来ました。手術がすごく怖くて、緊張しかありませんでした。手術が終わって先生に「無事成功したよ」と言われ、すごくうれしかったです。
私はこれからの人生、先生が作ってくれた両耳をきれいに大切にします。ここで過ごした4ヶ月を忘れません。
私も先生の仕事に対する姿勢を見習って、人の役に立つ仕事をしたいと思います。
永田先生、ほんとうにありがとうございました。

手紙

手紙

手紙

看護師のみなさんへ

看護師のみなさん今までお世話になりました、
明日からかんごしさんといっしょにお話ができなくなってしまうのがとてもざんねんです。
私が手術で不安なときでも、「大丈夫だよ。」という言葉をいってくれたこと。ねむれなくてこまっているときは、はげましてくれたこと。いつまでも、わすれません。
先生が作ってくれたこの両耳を私はずっ~と大切にします。
看護師さんのおかげで、私は4回の手術、入院生活を無事に終わることができました。
長い間お世話になりました。
本当にありがとうございました。

手紙

封筒

平成28年○月○日  Tより

あまりにもきれいに書かれたお礼の手紙に皆々、ただ感心して。
「これはこのまま載せさせていただきましょう」ということになりました。
字にコンプレックスの強い私なぞ、パソコンのワードがないと仕事にならないのですが、
ウ、うらやましい限り。
今後のますますの活躍を、応援しています。

手紙

春休みなので、外来は再診の患者さんでいっぱい。
その中には、
就職が決まりました、とか
入試に合格しましたとか、うれしい知らせもいっぱい。
ある患者さんは、入院中も、永田小耳症形成外科クリニックの外来でバイオリンの練習を続けていたので、 その成果を写真に撮ってきてくれました。演奏会、なんと、カッコ良いではないですか。 その上、手術をしたお耳を出した髪型で、ありがたいことです。
平成29年3月
拍手

バイオリンガール

小学生の女子、Hさんは、1回目の手術が終わって、今度は2回目の手術のため入院。 私たちへの手土産は、Hさんが作った【入院の生活(耳の)新聞】
手術の後の夜のことを書いてくれています。一部ご紹介します。臨床感たっぷりですね。続きは外来でどうぞ・・・。
平成29年3月

※2日目の夜はけっこうきびしいです。ねようと思ってもねれないし電気もついているのでよけいにねむれませんでした。しかも声もでなかったです。
3日目の朝は自分で起きて自分のへやまでいきます。おなかのろっこつをきっていたのでおきあがろうとしてもろっこつをきったのでひじょうにいたくて大変でした。
でも2.3日すればいたみはやわらいでいきました。

新聞

永田小耳症形成外科クリニックは小さなクリニックで、ベッドの数は15床あります。
小耳症は男子のほうが多いと言われていますが、実際に入院されるときの男女の比率は時期によって様々。
男子が多い時はそれなりに、女子が多い時はそれなりに、入院風景は変わります。
このきれいな塗り絵はもちろん女子パワー全開の時。3人のお嬢さんが院長へのメッセージを退院記念にプレゼントしてくれました。
う~~ん、院長にはもったいないようなありがたあい、お言葉。
(回診時、院長はあんなにぶっきらぼうにしていたくせに…) 感謝!感謝!!
平成29年6月

手紙

塗り絵

▲ページ上部に戻る▲

スタッフブログ

患者様の声

手術前後のあれこれ

■お知らせ

●2017.9.13更新
【第22回小耳症説明会】
平成29年11月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
【第23回小耳症説明会】
平成29年12月2日(土)
参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.9.1更新 ●2017.9.1更新
10月は院長が学会のため、説明会をお休みします。
------------------------------- ●2017.8.17更新
【第21回小耳症説明会】
平成29年9月2日(土)
【第22回小耳症説明会】
平成29年11月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.6.7更新
【第20回小耳症説明会】
平成29年8月5日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.5.11更新
【第19回小耳症説明会】
平成29年7月1日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.4.20更新
【第17回小耳症説明会】
平成29年5月6日(土)開催されます。
【第18回小耳症説明会】
平成29年6月3日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.3.10更新
【休診のお知らせ】
平成29年9月25日(月)
平成29年10月4日(水)
平成29年10月7日(土)
休診いたします。
-------------------------------
●2017.3.10更新
【学会参加】
ISAR(中国・北京)
2017年9/22~9/24
ASPS(アメリカ・フロリダ)
2017年10/6~10/10
-------------------------------
●2017.3.10更新
【第16回小耳症説明会】
平成29年4月1日(土)開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2017.2.10更新
【第15回小耳症説明会】
平成29年3月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------
●2017.1.12更新
【第14回小耳症説明会】が平成29年2月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.12.09更新
【第13回小耳症説明会】が平成29年1月7日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.11.10更新
【第12回小耳症説明会】が12月3日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.11.4更新
【臨時休診のお知らせ】
平成29年1月30日(月)、2月22日(水)、2月25日(土)休診いたします。

-------------------------------
●2016.10.7更新
【第11回小耳症説明会】が11月5日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------
●2016.9.28更新
【年末年始のお知らせ】
年末最終外来日 平成28年12月28日(水) 年始は平成29年1月4日(水)より外来診察開始

-------------------------------

●2016.9.28更新
【臨時休診のお知らせ】
平成28年10月8日(土) 愛知学院大学にて講演のため休診いたします。

-------------------------------

●2016.9.9更新
【第10回小耳症説明会】が10月1日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------

●2016.8.10更新
【第9回小耳症説明会】が9月3日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。

-------------------------------

●2016.7.6更新
【休診のお知らせ】
平成28年9月21日(水)・9月24日(土) アメリカ形成外科学会(ロサンゼルス)参加のため休診いたします。
-------------------------------

●2016.7.6更新
【第8回小耳症説明会】が8月6日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.6.11更新
【第7回小耳症説明会】が7月2日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.5.14更新
【休診のお知らせ】
平成28年10月8日(土)愛知学院大学にて講演のため休診いたします。
-------------------------------

●2016.5.13更新
【第6回小耳症説明会】が6月4日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.4.8更新
【第5回小耳症説明会】が5月7日(土)に開催されます。参加ご希望の方、詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第4回小耳症説明会】が4月2日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第3回小耳症説明会】が3月5日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第2回小耳症説明会】が2月6日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2016.3.9更新
【第1回小耳症説明会】が1月9日(土)に開催されました。詳細はこちらから。
-------------------------------

●2015.10.30更新
【年末年始のお知らせ】
年内12月26日(土)
まで外来診療あります。1月4日(月)より外来を開始します。
-------------------------------

●2015.8.7更新
2015年9月14日(月)、10月14日(水)、10月17日(土)は学会参加のため外来診療は休診いたします。
-------------------------------

●2015.7.29更新
2015年7月29日(水)、30日(木)、31日(金)の3日間は、工事のため、当院の駐車場を使っていただくことができません。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
-------------------------------

●2015.4.22更新
アメリカ学会のため2015年10月14日(水)~10月18日(日)まで休診します。
-------------------------------

●2015.4.15更新
2015年4月20日より当院にて胸部レントゲン撮影が出来るようになりました。
-------------------------------

●2015.3.12更新
9/14(月)院長学会出張のため休診します
-------------------------------

●2014.4.13更新
◆2014年学会活動予定
・9/23(火)~9/29(月)
国際耳介再建外科学会(ISAR)パリ
・10/8(水)~10/13(月)
アメリカ形成外科学会(インストラクショナルコース)シカゴ

-------------------------------
●2014.3.31更新
◆昨年度、当院における耳介再建術は143件。当クリニックが平成17年11月開業以来、ついに千件を超すことができました。
-------------------------------
●2013.7.5更新
◆土曜日午前中の外来時間
受け付け9時から11時30分ですが、9時30分から11時まで回診が入ります。回診の時間を避けておいでください。

◆月曜日、水曜日、土曜日午後1時より、電話にて予約受付いたします。保険証を忘れずお持ちください。
-------------------------------

永田法 小耳症治療

小耳症手術・再建耳介のプロポーション正確度判定

融けない耳をつくるには

胸の痛み・変形のない小耳症手術

耳介軟骨再生基礎研究

再建外科

美容外科

診療時間について

海外の医師との交流